正しい歩き方を知っていますか?<歩き方で疲れを改善>

f:id:ashiyasan:20191012214439j:plain


「歩くと足が疲れやすい」や、「仕事中にすぐ足が疲れる」などをよく耳にします。

今回は、日常的に足疲れが目立つ方の改善方法についてです。

目次

足が疲れやすくなる原因は?

足が疲れやすくなる原因は、「歩き方」にあります。
歩き方が悪いせいで、足に負担がかかりやすくなり、疲れる原因となります。

歩き方が及ぼす足の疲れとは?

歩き方が悪いと
・長時間の歩行が辛い
・歩くと膝や腰が痛い
・O脚がひどい
・姿勢が悪くなりがち

歩き方を改善しよう!

歩き方を改善するためには、姿勢を意識しましょう。
背筋を伸ばし、目線は上げずに先をしっかりとみることです。
正しい姿勢ができたら、いよいよ歩行方法です。
①重心を踵に意識する
踵重心はできていない方が多く、常に前向きに姿勢を向けているからこそ体に負担が出ます。
②足を前に出すのではなく、上にあげる意識をする
③歩幅をすこし広くする
この3点を意識して歩くようにしましょう!

また、歩くことで正しい歩行方法の矯正は可能ですが、意識を忘れがちになる事もあります。
その時は、インソールなどを使い歩行を矯正することもおすすめです。
私は、歩行矯正のインソールも利用していますが、やはり姿勢は変わりましたのでお勧めです。

 

 

私が使っているインソールメーカー

https://ecouin.jp


問い合わせは担当の松本様へどうぞ
ecouin.matsumoto@gmail.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です