人生を輝かせよう!

足屋の備忘録

健康とダイエットの備忘録

階段を降りるときに膝が痛い。<変形性膝関節症ではないですか?>

投稿日:

f:id:ashiyasan:20191018151501j:plain


階段を上るときは大丈夫なのに、降りるときだけ膝が痛い。
そんな症状はありませんか?

今回は、そんな膝の痛みを引き起こす「変形性膝関節症」についてご紹介します。

目次

「変形性膝関節症とは」

変形性関節症は、関節にある軟骨がすり減って変形したり、骨と骨がこすれたりすることで、炎症や痛みが起こる病気です。

原因は

多くの場合は、関節の軟骨が老化することにより関節自体が変形するような症状へと変わっていきます。
肥満や、遺伝子的要因も考えられますが、多くは加齢を伴って発症します。

どんな痛み方なのか

初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

対策方法

筋肉トレーニング

大臀筋のトレーニン
仰向けに寝て片足は床につけましょう。
もう片方は膝を伸ばしてまっすぐ上げたまま、お尻を持ち上げて3秒耐えます。これを5回、左右の脚で行いましょう。

大腿四頭筋のトレーニン
軽いスクワットをイメージして行います。
立った姿勢からゆっくりと膝を曲げ、その後膝を伸ばしましょう。5回を2セット行いましょう。

サポーター



アドセンス広告

アドセンス広告

-健康とダイエットの備忘録
-, ,

Copyright© 足屋の備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.