靴底から見る姿勢改善<体の歪み見直しませんか?>

f:id:ashiyasan:20191021212934j:plain


自分の靴の裏がすり減っているのは、皆さん知っていますよね?
必ず減っていく靴底を、有効活用しませんか?

目次

靴底から見る体の歪み

裏全体の内側が減っている

・原因
「回内」が一番疑われます。回内とは、足首から下にかかる重心が内側に入っている状態です。体の重心が内側に入ってしまっており、靴の内側のみがすり減る現象になります。
内側がすり減る場合は、扁平足や外反母趾の原因になりやすくなります。
・対策
歩き方の改善が一番で、しっかりと目線を上げ、背筋を良く歩くようにしましょう。また、かかと着地で指先で蹴り出す事を意識しましょう。

裏全体の外側が減っている

・「回外」が一番疑われます。回外とは、回内の逆で、足首から下にかかる重心が外側になっている状態です。
膝が外側に向いている場合もあります。
・対策
体育座りで片方の膝を内側に寝かし、股関節を内側に入れるストレッチを行う。

かかとが主に減っている(指の付け根全体も併発する場合あり)

・原因
アキレス腱の硬さが疑われます。
つま先よりかかとが高くなった状態が続くと、アキレス腱が縮んだまま硬くなってしまうため、裸足やかかとの低い靴を履いた時、体が縮んだ腱に引っ張られて後ろに傾き、それを元に戻そうと前かがみ(猫背)になる。
・対策
アキレス腱を伸ばして足がしっかりと動くようにしておく。

つま先とかかとが減っている

しっかりとかかとから着地して、つま先で蹴り出している良い減り方です。正しい歩き方をするとこの減り方になります。

靴をしっかりと選ぼう

歩き方は靴でかなりの影響が出ます。ビーチサンダルのように足の甲がしっかりと支えられず、足裏も平らなものは歩き方が悪くなります。
靴は、足の縦のサイズも重要ですが、かかとと甲も大変重要です。

インソールでアーチサポートと、骨格矯正を

インソールの強みは、靴に入れることで足にしっかりと効果を与えることが出来ます。骨格矯正や、土踏まずのサポートと大きな効果を得やすくなります。
また、オーダーメイドインソールは「回内」「回外」の矯正も可能で、姿勢にまで影響を与えることができます。
インソールは紹介販売が一番安心して買える商品です。
足を変えるということは、足を壊してしまう可能性もありますので、安物では無く安心できるものを選びましょう。
私が愛用しているインソールブランドはこちら

お問い合わせは、私の担当:松本様へどうぞ
TEL:090-3928-1510
ecouin.matsumoto@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です