皆さんの靴は履きやすいですか?<履きやすい靴ほど足には悪い!>

最近、街を歩く人を見ていてもおしゃれな靴が流行っていますよね。
しかも、靴ひもを締めずに緩めて歩いてる人や、踵を踏んでいる人など驚く履き方の人が多くみられます。

今回は、正しい靴の履きかたと悪い靴についてご紹介していきます。

悪い靴の履き方

日本人は、歩きやすい靴の履き方を好みますが、大半が良くない靴の履き方に含まれます。
・ スニーカーなどの紐靴をほどかずに脱ぎ履きする
・靴のサイズが合っておらず、踵が浮く
・靴のかかとを踏むように歩いたり、履いたりする
・全体的にぶかぶかの靴を履く

すべて、足の悪影響を与える履き方になります。

では、どんな靴が本当にいいのか?

靴底のしっかりと曲がる靴

歩いてるときに、足の指付近の靴底がしっかりと曲がる靴は、足の指がしっかりと使えるためにお勧めされます。
厚底の靴などは、靴底の遊びがなくベタベタと足の底で歩いてしまうので、お勧めしません。
また、足底が曲がっても指の位置が合わない場合は足を痛める原因になるので要注意です。

足の甲を締めれる靴

スニーカーや、ベルト調整機能付きの靴は、足裏とソールとの隙間を無くすことができ、靴と足の密着度を上げることができるのでお勧めです。

踵のサポートがしっかりしている

靴の踵部分にはヒールカウンターと呼ばれる靴の踵部分を支えるプラスチックが仕込まれています。
このパーツはすごく重要で、柔らかすぎると効果を発揮してくれません。
できれば、固すぎず柔らかすぎずを靴屋さんで確認する様に心がけてください。

最後に

靴選びについて何度か記事にしていますが、靴は唯一足を守る壁です。
足の壊せば体はすべて機能を悪くします。
将来の健康のために今から気にかけて、人生100年時代を歩いたまま生き延びませんか?

靴と健康についてお勧めの本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

健康長寿は靴で決まる (文春新書) [ かじやますみこ ]
価格:935円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)


 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です