肩こりは肩甲骨から。<座ったままでストレッチ>

f:id:ashiyasan:20191118220157j:plain


最近肩こりになる日が冷えてきていませんか?
寒くなるにつれ増える肩こりに対策しませんか?

肩こりの原因は肩甲骨にあり!

デスクワークをすると画像のように猫背で、首が前に伸びるような姿勢になっていませんか?
猫背になったまま、机に向かって手を伸ばすと肩が内側に巻いてきますよね。この状態は、肩甲骨が離れてしまい、背中が横に広がり丸まってしまいます。
肩甲骨が離れたまま同じ姿勢を続けると、筋肉が固まり姿勢の悪化だけでなく、太って見えてしまいます。
肩甲骨が凝り固まることで、動きが悪くなり血行不良が起こります。その結果肩こりへとつながる様になります。

肩甲骨を戻そう!

肩甲骨は本来の位置より外に広がりすぎている人が大半です。
ストレッチを行い、肩甲骨の周りの筋肉をほぐして肩甲骨を寄せるように意識しましょう。

椅子を使ったストレッチ

①椅子に深く座り、両肘を背もたれに乗せましょう。
②両肘を乗せると肩甲骨がくっつくので、胸を張って40秒ほどキープします。
③ほぐれてきたら一息ついて終了です。
※デスクワークの際は、キーボードなど手を使うものをできるだけ手前にして使うようにしましょう。

壁でストレッチ

①壁に平行に立ちます。
②壁側の手を壁に付け一歩体を踏み出します。
③肩甲骨がぐっと近づくのこのまま40秒キープしましょう。
④わきの下がほぐれてきたら終了です。

最後に

肩甲骨のストレッチは肩こりや、冷え性対策にもなります。
休憩時間に一息つきながらストレッチをするように心がけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です