健康研究家が教える<体が硬くてもおすすめする寝たままストレッチ>

皆さんこんにちは!
健康ブロガー兼体健康研究家の足屋さんです。

f:id:ashiyasan:20191126151950j:plain

一日頑張って行動し終えた後の、体のコリはかなりきついでよね。

頑張った体を一息つくようにスッキリさせたいですよね。

今回は、頑張った体を優しくほぐす寝たままできるストレッチのご紹介です。

一日の疲れはその日のうちに

体は頑張った後は、体中固まっていることが多くあります。
伸びをすると体中が固まっていて痛いことはよくある事です。
疲労回復するためには、固まったままの体では疲れが取れにくいんです。
寝る前の少しの時間を有効活用し、体のコリをほぐして、目覚めスッキリを目指しましょう。

上半身の柔軟性を取り戻そう

上半身は、デスクワークの方や荷物を持つことが多い方など、一番酷使されやすくコリが酷くなります。
デスクワークなどで猫背などの悪い姿勢を続けていると、悪い姿勢のまま体が固まってしまいます。
特にわき腹や腰を重点的にストレッチしてみましょう。

上半身ねじりストレッチ

①仰向けに寝て、左ひざを曲げ、右脚は伸ばしておきましょう。

②左脚を持ち上げ、右手を左脚の外側へ添えます。

③息を吐きながら右手で左脚を右側へ倒し、腰をねじります。

④左腕をあげます。息を吸います。

⑤息を吐きながら左腕を斜め上方向へ下ろします。

⑥息を吐くタイミングでねじりを深め、息を吸うタイミングでポーズを少しゆるめます。

⑦20秒ほどキープしたら反対側も同様に行います。1~2セット行いましょう。

最後に

一日のコリは寝る前のストレッチで改善できます。
スッキリした寝起きの為に、寝る前の少しの時間を有効活用してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です